ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.10.14 Sunday

OGASAKA FAIR & FNX WAX 講習会 開催します!!

昨シーズンも大盛況だった

OGASAKA FAIR

そして

FNX WAX (FNX スノーボードワックス)講習会を開催します!


OGASAKAライダー  JSBA公認

越デモ&中本デモ がフォローズ岐阜店に来店‼


気になる事は何でも聞いてください‼

 


そして、次世代WAXの新常識

『ベースワックスは必要ない!』

を提唱するFNX WAXの開発者による講習会も開催‼

 

秘密を知りたい方は是非参加してください!

各回、定員10名の予約制です。

 

=========================================

 

1021()

フォローズ岐阜店にて

1回目:13001500

2回目:16001800

 

各回定員10(予約制)

 

参加申し込み方法

電話かメールにてお申込みください。

フォローズ岐阜店

TEL 058278-3434

メール: info@follows.ne.jp

 

============================================

 

昨シーズンのFNX WAX (FNX スノーボードワックス)講習会の様子です。




スノーボードワックス講習会というと

 

『専門的で難しい話が多いだろうな』

『もともと知識がないと話についていけないだろうな』

 

と敬遠するかとも多いかと思いますが

全く問題ありません、昨年も

 

『これからホットワックスを始めたい

『どうやってホットワックスをしていいのかわからない

 

という方に参加頂き簡単な内容から大好評を得ています。

 

特に

FNX WAX (FNX スノーボードワックス)は他のメーカーよりも簡単

次世代のWAXですから

ホットWAXは難しい、めんどくさい・・・なんて思いは吹き飛ぶ内容です♪

 

FNX WAX (FNX スノーボードワックス)

なぜベースワックスは必要ないのか?

 

スノーボードメーカーは滑走性の良いソールを探しソールは日々進化しています。

でもWAXは昔から考えが変わっていない、それが今のソールに合っているのでしょうか。

 

現在のシンタードベースのソールの中は、ごつごつした岩が密集したようになってます。

その岩と岩との隙間にワックスが入り込みます。

しかしその、ワックスが入り込む隙間は、僅か0.2mmしかありません

 

バキューム、サーモパック、ホットワックス

ワックスをスノーボードに浸透させる為に、様々な方法がありますが

どのような方法でワックスを染み込ませようと

 

僅か0.2mmの隙間にしかワックスは入りません‼

 

ワックスを100g使っても、200g使っても、ワックスが染み込む量は決まっています。

皆さんもご飯を5杯も6杯も食べれませんよね?

ワックスも同じです。

更にグラファイトソールは、ワックスの入る隙間が狭く、少なくなります。

 

 

ワクシングはベースワックスが大切。重ね塗りが大切だ。この時代は終わりました!

 

ワックスの入る量が決まっているソールの中に、滑らないベースワックスを入れ

スクレイパーで剥がし、滑走ワックスを上から塗っても、混ざり合うだけです

せっかくの滑走ワックスに含まれている滑る成分が、滑らないベースワックスと混ざり合います。

 

0.2个涼罎任老茲靴徳悗砲呂覆蕕此▲錺奪スが入る量は僅かです‼

 

だからベースワックスは必要ないのです。

 

これからはベースワックスを塗らず、滑走ワックスを直接塗って下さい!

滑走ワックスにもパラフィン成分が入っていますので、剥がさず塗りっぱなしで大丈夫です。

 

僅か0.2个離宗璽襪涼罎貌ったワックスを削って1日持つでしょうか?午前中?半日?

雪質によってはリフト23本かもしれません。

僅かしか入らない貴重なワックスを削る必要もないです

 

ブロンズブラシを持っていれば、ノーズからテールにかけて、滑走ワックスの表面を真っ直ぐに少しだけ削って下さい。

そうする事でストラクチャー効果が得られ、滑走性能が良くなります

 

FNX WAXは滑走性能が高く、温度帯も選ばない、硬く剥がれにくいパラフィンワックスです。

またペースト、生塗り、リキッドと種類も豊富です

 

ペーストは歯磨き粉のようにチューブタイプなので、よく伸び、塗りやすくなっています。

生塗りはケースの裏側にコルクが付いていて、持ち運びにも便利。

リキッドは春の試乗会でも大活躍!ベシャ雪に最高の効果を発揮してくれます。

 

今までのワクシングに進化と、新しい常識をもたらしたFNX WAX

 

気になった方は是非ご参加ください。

お待ちしております。


 

 

 

follow's WEBSHOPもよろしくお願いします

 

楽天1号店 http://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-follows/index_surf.html

楽天2号店 http://www.rakuten.ne.jp/gold/follows1/index_surf.html

ヤフーショップ http://store.shopping.yahoo.co.jp/follows/surf-01.html

amazon https://www.amazon.co.jp/s/ref=sr_hi_1?me=ACEX4HXBH763K&rh=n%3A2318350051&bbn=2318350051&ie=UTF8&qid=1496758161

ポンパレ http://store.ponparemall.com/follows/category/0000000087/

Dena  https://wowma.jp/user/32018887

HP http://www.follows.co.jp/

 

ブログランキング更新中です

 

気になるブログランキングはこちらから

クリックして応援よろしくお願いしま

にほんブログ 

いち早く情報をcheck!! 
フォローズfacebookはこちらから 
【いいね!】クリックお願いします 
↓ ↓ ↓ 

 

2018.09.30 Sunday

☆台風で臨時休業、FNXワックス講習会延期☆フォローズお知らせです。

JUGEMテーマ:スノーボード

 

9月も今日で終わり!!

いよいよ10月になりますが・・・

 

今日は台風24号が本州に上陸、列島縦断、ということで

本日予定していたFNXワックスの講習会は10月8日(月)祭日に延期

 

フォローズ岐阜店、岡崎店共に16時までの営業にて時間短縮とさせて頂きます。

また

ネット部門はスタッフの安全確保も踏まえ午前中にて業務を休ませていただいております。

ご注文。お問い合わせの対応は明日10月1日よりとなりますのでご了承ください。

 

かなりの大型台風が列島横断

ということもあり台風での被害が出ない事を願っております。

 

 

FNXワックス講習会

昨年も大好評!!

『ベースワックスは必要ない!!』

秘密を知りたい方は是非

参加してください。

 

祭日に延期になったことからまだ枠があります!!

定員10名!!

 

 

=========================================

 

10月8日()祭日

フォローズ岐阜店にて

1回目:14:00〜15:00

2回目:16:00〜17:00

 

各回定員10名(予約制)

 

参加申し込み方法

電話かメールにてお申込みください。

フォローズ岐阜店

TEL 058−278-3434

メール: info@follows.ne.jp

 

============================================

 

スノーボードワックス講習会というと

 

『専門的で難しい話が多いだろうな』

『もともと知識がないと話についていけないだろうな』

 

と敬遠するかとも多いかと思いますが

全く問題ありません、昨年も

 

『これからホットワックスを始めたい

『どうやってホットワックスをしていいのかわからない

 

という方に参加頂き簡単な内容から大好評を得ています。

 

特に

FNX WAX (FNX スノーボードワックス)は他のメーカーよりも簡単

次世代のWAXですから

ホットWAXは難しい、めんどくさい・・・なんて思いは吹き飛ぶ内容です♪

 

FNX WAX (FNX スノーボードワックス)

なぜベースワックスは必要ないのか?

 

スノーボードメーカーは滑走性の良いソールを探しソールは日々進化しています。

でもWAXは昔から考えが変わっていない、それが今のソールに合っているのでしょうか。

 

現在のシンタードベースのソールの中は、ごつごつした岩が密集したようになってます。

その岩と岩との隙間にワックスが入り込みます。

しかしその、ワックスが入り込む隙間は、僅か0.2mmしかありません

 

バキューム、サーモパック、ホットワックス…

ワックスをスノーボードに浸透させる為に、様々な方法がありますが

どのような方法でワックスを染み込ませようと

 

僅か0.2mmの隙間にしかワックスは入りません‼

 

ワックスを100g使っても、200g使っても、ワックスが染み込む量は決まっています

皆さんもご飯を5杯も6杯も食べれませんよね?

ワックスも同じです。

更にグラファイトソールは、ワックスの入る隙間が狭く、少なくなります。

 

 

ワクシングはベースワックスが大切。重ね塗りが大切だ。この時代は終わりました!

 

ワックスの入る量が決まっているソールの中に、滑らないベースワックスを入れ

スクレイパーで剥がし、滑走ワックスを上から塗っても、混ざり合うだけです

せっかくの滑走ワックスに含まれている滑る成分が、滑らないベースワックスと混ざり合います。

 

0.2个涼罎任老茲靴徳悗砲呂覆蕕此▲錺奪スが入る量は僅かです‼

 

だからベースワックスは必要ないのです。

 

これからはベースワックスを塗らず、滑走ワックスを直接塗って下さい! 

滑走ワックスにもパラフィン成分が入っていますので、剥がさず塗りっぱなしで大丈夫です。

 

Powered by
30days Album